So-net無料ブログ作成
検索選択

今日は、入浴で無理しては落とさないで、58.5kg [健康]

開始前の諸数値
 体重 60.9kg           体脂肪率 21.2%(やや高い)
 内臓脂肪レベル 7.5(標準)  基礎代謝量 1450kcal
 BMI 21.7             体年齢 49歳
 全身皮下脂肪率 14.5%    体幹皮下脂肪率 12.7%
 両腕皮下脂肪率 18.7%    両脚皮下脂肪率 18.5%
 全身骨格筋率   30.3%     体幹骨格筋率   24.5%
 両腕骨格筋率   36.8%     両脚骨格筋率   47.7%

終了後の諸数値
 体重 59.1kg           体脂肪率 21.2%(やや高い)
 内臓脂肪レベル 7.0(標準)  基礎代謝量 1420kcal
 BMI 21.1             体年齢 47歳
 全身皮下脂肪率 14.4%    体幹皮下脂肪率 12.5%
 両腕皮下脂肪率 18.7%    両脚皮下脂肪率 18.5%
 全身骨格筋率   30.3%     体幹骨格筋率    24.4%
 両腕骨格筋率   36.8%     両脚骨格筋率    47.6%

入浴後の諸数値
 体重 58.5kg           体脂肪率 19.5%(標準)
 内臓脂肪レベル 6.5(標準)  基礎代謝量 1417kcal
 BMI 20.9             体年齢 46歳
 全身皮下脂肪率 13.3%    体幹皮下脂肪率 11.5%
 両腕皮下脂肪率 17.2%     両脚皮下脂肪率 16.9%
 全身骨格筋率   30.9%     体幹骨格筋率   25.4%
 両腕骨格筋率   37.2%     両脚骨格筋率   48.2%
(上記の諸数値は、オムロンの体組成計で計測した結果です。BMIの算出式は、「体重÷身長(m)÷身長(m)」で、22が標準値とされています。体年齢とは、基礎代謝量等を元にオムロンが独自の式で算出した数値です)。

往路ジョギングの経過
 往路05分ポイント 標準時より01分48秒早い
  往路10分ポイント 標準時より04分17秒早い
  往路15分ポイント 標準時より05分25秒早い
  往路20分ポイント 標準時より07分03秒早い 
 往路30分ポイント 標準時より08分02秒早い
  時速計測地点    時速8.84km/h
 往路最終結果    速い速足のウォーキングの最長到達距離より05分35秒ほど延ばす  
(時速計測地点の時速は、あらかじめ車で出発点より4kmの距離を測って、そこにに目印を置いておき、そこを何分で通過したかで計測する。例えば、40分で通過すれば、4km÷40分×60分=6km/h、ということになる)。
 
復路ジョギングの経過
 復路 往路の30分ポイントを17分02秒で通過 
 復路 往路の20分ポイントを26分55秒で通過  
 復路 往路の15分ポイントを30分43秒で通過 
 復路 往路の10分ポイントを35分20秒で通過
 復路 往路の05分ポイントを37分58秒で通過 
 復路最終結果 往路のタイムより02分20秒遅れる   
 (標準時とは、ウォーキングを始めた2003年当時、速足で歩いた時に目安にした各時間での各地点をその後も目印にした場合の通過タイムです)。



 今日の開始前の体重は、昼食前より、0.4キロ増加して、60.9キロだった。まあ、昼食が、パンだったので、増加幅が小さくて済んだので、決して順調に便通があったわけではない。

 まあ、いずれにせよ、昨日と同じ開始前体重になったので、少なくとも昨日と同じ結果は出したいので、往復ジョギングで頑張ろう。

 結果は、気温8度(Yahoo!天気情報、午後6時)と、昨日よりは1度低い表示だったが、風は弱かったので、その分、昨日とトントンかなと思ったが、終了後の体重減は、昨日より小さい、1.8キロだった。ジョギングは、むしろ昨日よりは頑張れたのに、残念な結果である。
 そこで入浴なのだが、ここで頑張って57キロ台を狙うかどうかであるが、昨日は30分間我慢しても1.1キロしか落ちなかったので、今日もその可能性はあり、その場合は、58.0キロに止まる。また、昨日は無理して57キロ台にしたが、翌日への増加幅が、大幅に大きくなってしまった。というようなわけで、今日は、入浴で無理して落とすことは断念して、楽して、58キロ台でいいや――ということで、入浴時間は15分間で切り上げた。結果は、体重減は0.6キロだったが、入浴は楽だった。

 これで、開始前からのトータルの体重減は、2.4キロということになり、入浴後の体重は、58.5キロになった。まあまあの水準ではあるが、昨日よりは、0.7キロ大きい。
 しかし、問題は、明日の朝へ向けての体重増加であるので、今日の夕食後夜間の状態がポイントになってくる。
 排尿の方は、まあまあ順調だったが、相変わらず量は少ない。まあ、とくに問題もなく、可もなし不可もなし、というところだろう。
 余計な飲食の方は、いつものダノンのヨーグルト(80g)2個とミカン2個を食べ、その後、ミネラルウォーターを、100ml飲んだのが、昨日のヘルシアウォーター500ml飲んだこととの違いだ。
 まあ、この違いが、明日の朝へ向けての体重増加で、どの程度、反映されるか、入浴時間の如何にも関わるので、注目だ。

 ジョギングの方は、休養日明け四日目ということで、以前は、スタミナが心配されたものだが、今日のところは、スタミナに不安はなくて、むしろ、調子はよいくらいだった。序盤から少しペースは速くて、往路20分ポイントでは、標準時より7分を上回った。しかし、その後に少しペースは落ちて、時速計測地点では、昨日と変わりない時速となった。
 復路では、まあまあ頑張って、それほど大きく遅れることなく推移して、最終的には、往路のタイムより、2分余の遅れで済んだ。

 今日は散歩中のワンちゃんに5匹すれ違った。

午前中、体重は、0.1kgの増加。体重以外の諸数値は、僅かに好くなる [健康]

 昼食前の体重は、今朝より、0.1キロ増加して、60.5キロとなった。朝食以外は、飲まず食わずで、いつもと同じなのに、なぜ、今日は増加したのか、よく分からない。

 まあ、今日は昼食がパンなので、開始前に向けてそれほど体重は増加しないと思われるが、やはり便通の如何にも左右されるだろう。

 体重以外の諸数値は、僅かに好くなっている。



体重 60.5kg           体脂肪率 21.0%(やや高い)

内臓脂肪レベル 7.5(標準) 基礎代謝量 1444kcal

BMI 21.6             体年齢 49歳

全身皮下脂肪率 14.4%    体幹皮下脂肪率 12.5%

両腕皮下脂肪率 18.5%    両脚皮下脂肪率 18.3%

全身骨格筋率 30.4%     体幹骨格筋率 24.6%

両腕骨格筋率 37.0%     両脚骨格筋率 47.8%

危惧していたとおり、体重増加幅、大きくなる [健康]

 今朝の体重は、昨日の入浴後より、2.6キロ増加して、60.4キロとなった。一昨日昨日の増加幅が、2.2キロだったが、昨夜は、500mlの余計な給水をしているので、100mlだった日よりは0.4キロ大きいと言うのは、計算にあっている。まあ、大きく落としても、翌日への増加幅が大きくなてしまっては、元も子もない。
 もし、ということはありえないのだが、仮に昨日途中給水を500mlにしていたら、減量幅は0.2~0.3キロ小さくなるだろうが、それによって夜間の余計な給水がなくなれば、かえって、今朝の体重は、もう少し小さいものになっていたかもしれない。

 まあ、こういうことは、これまでにも、何回もあったことなのだが、今日頑張って、取り戻すしかない。

 体重以外の諸数値は、ホンの僅か好くなっている。



体重 60.4kg           体脂肪率 19.9%(標準)

内臓脂肪レベル 7.0(標準) 基礎代謝量 1447kcal

BMI 21.5             体年齢 48歳

全身皮下脂肪率 13.7%    体幹皮下脂肪率 11.9%

両腕皮下脂肪率 17.5%    両脚皮下脂肪率 17.2%

全身骨格筋率 30.9%     体幹骨格筋率 25.2%

両腕骨格筋率 37.2%     両脚骨格筋率 48.2%

久しぶりに、57kg台へ [健康]

開始前の諸数値
 体重 60.9kg           体脂肪率 20.2%(やや高い)
 内臓脂肪レベル 7.5(標準)  基礎代謝量 1454kcal
 BMI 21.7             体年齢 48歳
 全身皮下脂肪率 13.9%    体幹皮下脂肪率 12.1%
 両腕皮下脂肪率 17.8%    両脚皮下脂肪率 17.5%
 全身骨格筋率   30.8%     体幹骨格筋率   25.1%
 両腕骨格筋率   37.2%     両脚骨格筋率   48.1%

終了後の諸数値
 体重 58.9kg           体脂肪率 20.9%(やや高い)
 内臓脂肪レベル 6.5(標準)  基礎代謝量 1418kcal
 BMI 21.0             体年齢 47歳
 全身皮下脂肪率 14.2%    体幹皮下脂肪率 12.3%
 両腕皮下脂肪率 18.4%    両脚皮下脂肪率 18.2%
 全身骨格筋率   30.4%     体幹骨格筋率    24.6%
 両腕骨格筋率   36.9%     両脚骨格筋率    47.7%

入浴後の諸数値
 体重 57.8kg           体脂肪率 20.5%(やや高い)
 内臓脂肪レベル 6.0(標準)  基礎代謝量 1401kcal
 BMI 20.6             体年齢 46歳
 全身皮下脂肪率 13.9%    体幹皮下脂肪率 12.0%
 両腕皮下脂肪率 18.1%     両脚皮下脂肪率 17.9%
 全身骨格筋率   30.4%     体幹骨格筋率   24.7%
 両腕骨格筋率   36.9%     両脚骨格筋率   47.8%
(上記の諸数値は、オムロンの体組成計で計測した結果です。BMIの算出式は、「体重÷身長(m)÷身長(m)」で、22が標準値とされています。体年齢とは、基礎代謝量等を元にオムロンが独自の式で算出した数値です)。

往路ジョギングの経過
 往路05分ポイント 標準時より01分45秒早い
  往路10分ポイント 標準時より04分10秒早い
  往路15分ポイント 標準時より05分17秒早い
  往路20分ポイント 標準時より06分46秒早い 
 往路30分ポイント 標準時より08分13秒早い
  時速計測地点    時速8.84km/h
 往路最終結果    速い速足のウォーキングの最長到達距離より05分01秒ほど延ばす  
(時速計測地点の時速は、あらかじめ車で出発点より4kmの距離を測って、そこにに目印を置いておき、そこを何分で通過したかで計測する。例えば、40分で通過すれば、4km÷40分×60分=6km/h、ということになる)。
 
復路ジョギングの経過
 復路 往路の30分ポイントを16分58秒で通過 
 復路 往路の20分ポイントを26分45秒で通過  
 復路 往路の15分ポイントを30分33秒で通過 
 復路 往路の10分ポイントを35分15秒で通過
 復路 往路の05分ポイントを39分44秒で通過 
 復路最終結果 往路のタイムより04分20秒遅れる   
 (標準時とは、ウォーキングを始めた2003年当時、速足で歩いた時に目安にした各時間での各地点をその後も目印にした場合の通過タイムです)。



 今日の開始前の体重は、昼食前より、0.7キロ増加して、60.9キロとなった。辛うじて、60キロ台ギリギリであるが、昼食が、いつもの丼麺で、便通があまり多くないと、この程度増加してしまう。便通が、もう少しスムースにいかないものか、困っている。

 今日は、いつもより寒くないので、大幅な体重減を狙って、往復ジョギングで頑張ろう。

 結果は、気温9度(Yahoo!天気情報、午後6時)と、やや高い表示だったが、北風もまた強かったので、体感的にはそれほど暖かさはなくて、終了後の体重減は、2.0キロにとどまった。途中給水は、280mlである。昨日は2.1キロ落ちているので、今日は、少しジョギングでの頑張りが足りなかったともいえる。
 そこで、入浴では、何とか57キロ台になるよう、湯温は44度だから、入浴時間は30分間我慢したのだが、体重減は、1.1キロに止まった。ここでも、昨日は、25分間で1.2キロ落ちたのに比べれば、成績が悪い。

 これで開始前からのトータルの体重減は、3.1キロということになり、入浴後の体重は、久しぶりに57.8キロと、57キロ台になった。
 しかし、問題は、明日の朝へ向けての体重増加がどの程度あるかであるが、それに関しては、夕食後夜間に、余計な飲食として、ヘルシアウォーターを500mlも飲んでしまっているので、これは相当の体重増加要因である。もちろん、いつもの、ダノンのヨーグルト(80g)2個とミカン2個は食べている。
 排尿の方は、まあまあ順調ではあるが、量の方は例によって少ない。明日の朝に、どの程度の排尿があるかが、体重の増加にとっては、注目点ではある。

 ジョギングの方は、休養日明け三日目ということで、調子は好かったのだが、疲労が少し出てきてもいて、それほどペースは上がらなかった。往路の20分ポイントで、標準時より7分は上回れなった。時速計測地点では、時速8.84キロと、昨日の9キロ台よりは遅かった。
 復路では、疲労の現れはさらに顕著で、ペースは徐々に遅れ、最終的には、往路のタイムより、4分以上遅れてしまった。

 今日は散歩中のワンちゃんに6匹すれ違った。

午前中は、体重の増減はないが、体重以外の諸数値は大幅に悪くなる [健康]

 昼食前の体重は、今朝と変わらずで、60.2キロだった。まあ、今朝は、今日の午前中、定期健診があるのでチーズトーストを抜いた(緑茶2杯は飲んだ)のだが、病院帰りに、自販機で「おしるこ」を買って飲んだので、まあ、ちゃら、ということだろう。

 しかし、昼食前がこの水準なら、午後からの便通次第では開始前の体重が、60キロ台に収まることもあり得よう。

 体重以外の諸数値は、今朝より、大幅に悪くなっている。



体重 60.2kg           体脂肪率 21.3%(やや高い)

内臓脂肪レベル 7.0(標準) 基礎代謝量 1438kcal

BMI 21.5             体年齢 48歳

全身皮下脂肪率 14.5%    体幹皮下脂肪率 12.7%

両腕皮下脂肪率 18.8%    両脚皮下脂肪率 18.7%

全身骨格筋率 30.3%     体幹骨格筋率 24.4%

両腕骨格筋率 36.8%     両脚骨格筋率 47.6%

前日よりの増加幅は、2.2kgと大きいが、水準としては、60.2kgと小さい [健康]

 今朝の体重は、昨日の入浴後より、2.2キロ増加して、60.2キロとなった。
 まあ、一昨日昨日の増加幅が1.8キロだったが、昨夜夕食後夜間に、水を300ml余計に飲んでいるので、その分が、増加幅にプラスになった、というところか。
 昨日紹介した、「脂肪を燃やすには汗をかかなくてよい」というコメントとの関連で言えば、今朝は、内臓脂肪レベルが、いつもの7.5~8に対して、7なので、脂肪が減少して低体重に貢献しているので、昨日のジョギングがそれなりに効果があったことを示していると言っていいだろう。
 まあ、汗をかかない「有酸素運動」も90分間持続するなら、同じような結果が得られるのかもしれないが、新陳代謝の面ではどうなのか、という気がする。

 体重以外の諸数値は、昨日の朝より、少し悪くなっている。



体重 60.2kg           体脂肪率 20.0%(やや高い)

内臓脂肪レベル 7.0(標準) 基礎代謝量 1443kcal

BMI 21.5             体年齢 48歳

全身皮下脂肪率 13.7%    体幹皮下脂肪率 12.0%

両腕皮下脂肪率 17.6%    両脚皮下脂肪率 17.4%

全身骨格筋率 30.8%     体幹骨格筋率 25.1%

両腕骨格筋率 37.2%     両脚骨格筋率 48.2%

「脂肪燃焼には汗をかかなくてもいい」というコメント [健康]

 「健康」カテゴリーの、上位ランクのブログを覗いてみたら、次のような記述に出会った。


>無理矢理汗をかくような状況にして運動をするよりも
できるだけ汗をかかないような状況にして運動する方が良いのです。

・なんで?

人間は汗を大量にかくような暑さになると無意識で運動強度を下げます。
体が動かなくなるんですね、自然と。
脂肪を燃焼するには、一定の強度の運動を続けることなんです。
汗をかこうがかくまいが、ひぃひぃ言おうが言うまいが
一定の強度であれば差は無いんです。

ということは

わざわざ、きつくなるようなこと(暑いとか)をして運動するよりも
できるだけ、快適に運動できるようにしたほうが効率が良いでしょう。
ということです


 まあ、私の、常日頃のジョギングでも、汗をかいて体重が落ちても、それと連動して体脂肪率が上がってしまって、脂肪が燃えていないという現象は見えていた。脂肪が燃えないで体重が落ちる←汗をかく→食事する・水を飲む→体重はもとに戻る、ということの繰りかえしではある。

 しかし、他方、汗をかくほどの強度で運動したほうが、脂肪が燃えることもある。それは、内臓脂肪レベルが現わしている。


 再び、上記ブログよりの引用――


>でもサウナ行ったら体重減るよ?

発汗によって体重は減ります。体内の水分が失われている
わけですから。
ですが水分を摂取すれば、もとの体重に戻ります。
真に痩せるというのは、体の水分を無くすことではなくて
脂肪を燃焼させることです。

で、脂肪の燃焼に発汗は何の関係もありません。

・じゃあなんでサウナ行くんだ!

気持ちいいからじゃないすか?


 気持ちいいということは重要だ。サウナでは、運動を伴わないから、全く脂肪の燃焼はないが、ジョギングでは、汗をかくほどのジョギングをすれば、それにともない脂肪も燃えるから、一挙両得ではないか。

 まあ、要するに、脂肪を燃やして減量するのが、真の減量ということでは、同感ですね。
 汗をかくのは、新陳代謝という面では、重要な機能であると思う。

寒さ緩む日、体重減3.3kgで、58.0kg [健康]

開始前の諸数値
 体重 61.3kg           体脂肪率 19.8%(標準)
 内臓脂肪レベル 7.5(標準)  基礎代謝量 1463kcal
 BMI 21.8             体年齢 49歳
 全身皮下脂肪率 13.6%    体幹皮下脂肪率 11.9%
 両腕皮下脂肪率 17.3%    両脚皮下脂肪率 17.1%
 全身骨格筋率   31.0%     体幹骨格筋率   25.4%
 両腕骨格筋率   37.2%     両脚骨格筋率   48.4%

終了後の諸数値
 体重 59.2kg           体脂肪率 20.2%(やや高い)
 内臓脂肪レベル 7.0(標準)  基礎代謝量 1426kcal
 BMI 21.1             体年齢 47歳
 全身皮下脂肪率 13.8%    体幹皮下脂肪率 12.0%
 両腕皮下脂肪率 17.8%    両脚皮下脂肪率 17.6%
 全身骨格筋率   30.6%     体幹骨格筋率    25.0%
 両腕骨格筋率   37.0%     両脚骨格筋率    48.0%

入浴後の諸数値
 体重 58.0kg           体脂肪率 20.1%(標準)
 内臓脂肪レベル 6.0(標準)  基礎代謝量 1407kcal
 BMI 20.7             体年齢 46歳
 全身皮下脂肪率 13.6%    体幹皮下脂肪率 11.8%
 両腕皮下脂肪率 17.7%     両脚皮下脂肪率 17.5%
 全身骨格筋率   30.6%     体幹骨格筋率   25.0%
 両腕骨格筋率   37.1%     両脚骨格筋率   48.0%
(上記の諸数値は、オムロンの体組成計で計測した結果です。BMIの算出式は、「体重÷身長(m)÷身長(m)」で、22が標準値とされています。体年齢とは、基礎代謝量等を元にオムロンが独自の式で算出した数値です)。

往路ジョギングの経過
 往路05分ポイント 標準時より01分44秒早い
往路10分ポイント 標準時より04分10秒早い
往路15分ポイント 標準時より05分28秒早い
  往路20分ポイント 標準時より07分00秒早い 
 往路30分ポイント 標準時より08分23秒早い
  時速計測地点    時速9.07km/h
 往路最終結果    速い速足のウォーキングの最長到達距離より05分35秒ほど延ばす  
(時速計測地点の時速は、あらかじめ車で出発点より4kmの距離を測って、そこにに目印を置いておき、そこを何分で通過したかで計測する。例えば、40分で通過すれば、4km÷40分×60分=6km/h、ということになる)。
 
復路ジョギングの経過
 復路 往路の30分ポイントを16分58秒で通過 
 復路 往路の20分ポイントを27分15秒で通過  
 復路 往路の15分ポイントを30分23秒で通過 
 復路 往路の10分ポイントを34分34秒で通過
 復路 往路の05分ポイントを38分54秒で通過 
 復路最終結果 往路のタイムより03分20秒遅れる   
 (標準時とは、ウォーキングを始めた2003年当時、速足で歩いた時に目安にした各時間での各地点をその後も目印にした場合の通過タイムです)。



 今日の開始前の体重は、昼食前より、0.3キロ増加して、61.3キロとなった。まあ、増加幅が抑制されたのは、昼食が、細巻きとパンだったので、ボリュームが小さかったからだろう。これがいつも続くとは限らない。

 まあ、それでも開始前体重が小さいのは、気が楽になるので、結構なことだ。
 
 今日は気温も低くはないので、往復ジョギングで、頑張りたい。

 結果は、気温10度(Yahoo!天気情報、午後6時)と、このところではかなり高い表示であったが、やや風が強かったのが残念で、汗はそれなりにかいて、終了後の体重減は、2.1キロだった。途中給水は500mlにしようか、280mlにしようか、迷ったのだが、終了後の体重減は予想できなかったので、280mlにしておいた。これが、吉と出るか凶と出るか。
 入浴では、昨日と同じで、59.2キロだから1.3キロ落とせば57キロ台になるので、湯温は44度で、入浴時間は、35分まで我慢してみようと浸かったのだが、途中で時計の読み(計算)を間違えて、10分早く出てしまった。しまったと思ったが、気が付いたときは後の祭りだったが、しかし、結果、体重減は、昨日と同じ、1.2キロあったので、最悪の結果は免れた。昨日33分間で1.2キロ、今日、25分間で1.2キロ…まあ、難しいものだ。

 これで、開始前からのトータルの体重減は、3.3キロで、入浴後の体重減は、58.0キロとなった。しかし、今日は昨日と違って、体脂肪率が高くなってしまった。しかし、内臓脂肪レベルは、珍しく6まで落ちている。
 まあ、そこで明日の朝へ向けての体重増加幅がどうなるかだが、今日の3.3キロという体重減は大きいもので、それにつれ、喉も乾くので、夕食後夜間、ミネラルウォーターを300ml程飲んでしまった。まあ、重さで言うと、0.3キロなのだが、これが、明日の朝へ向けての体重増加要因になるのだ。それが、0.3キロにとどまっていてくれればいいのだが、どうなるか。
 その他の余計な飲食は、いつものダノンのヨーグルト(80g)2個とミカン2個を食べた。
 まあ、体重増加幅は、2キロ前後に収まってくれればいいのだが。

 ジョギングの方は、休養日明け二日目で、まあ良い方が出て調子がよく、往路序盤からペースが上がった。往路の20分ポイントで、標準時より7分、上回ったのは、まあ、速い方だった。時速計測地点では、時速9.07キロと、久しぶりに時速9キロを超えた。
 復路では、さすがに往路のペースを維持することはできず、徐々に遅れていって、最終的には、往路のタイムより3分以上遅れてしまった。

 今日は散歩中のワンちゃんに8匹すれ違った。

午前中は、体重、0.2kgの増加。体重以外の諸数値は、僅か悪くなる [健康]

 昼食前の体重は、今朝より、0.2キロ増加して、61.0キロとなった。とくに、朝食以外、飲まず食わずなのに、なぜこれほど増加したのか、分からない。

 昼食は、「細巻き」二本と、パン(アップルパイ・デーニッシュ)だったので、それほどの体重増加はないと思われる。まあ、そう期待したい。

 体重以外の諸数値は、昨日の昼食前より僅かに悪くなっている。



体重 61.0kg           体脂肪率 19.2%(標準)

内臓脂肪レベル 7.5(標準) 基礎代謝量 1461kcal

BMI 21.7             体年齢 48歳

全身皮下脂肪率 13.2%    体幹皮下脂肪率 11.6%

両腕皮下脂肪率 16.8%    両脚皮下脂肪率 16.5%

全身骨格筋率 31.2%     体幹骨格筋率 25.7%

両腕骨格筋率 37.2%     両脚骨格筋率 48.6%

前日よりの増加幅、1.8kgは、大きいいか? 小さいか? [健康]

 今朝の体重は、昨日の入浴後より、1.8キロ増加して、60.8キロだった。
 まあ、これは微妙な数字で、あと0.9キロ増加すれば、今日の開始前の体重は、昨日と同じになってしまう。0.9キロなど、昼食後に便通がなければ、すぐに増加してしまう大きさだ。危ういものだ。まあ、それというのも、昨日今日への増加幅1.8キロが大きすぎたということなのだが、これがなかなか難しいところなのだ。もっと大きい日では2キロ以上増加する日もあるのだから、それに比べれば、悪くはない方なのだ。
 まあ、現状程度の水準だと、0.1kでも落とすのは大変だ。

 体重以外の諸数値は、昨日の朝よりは、少し好くなっている。



体重 60.8kg           体脂肪率 19.3%(標準)

内臓脂肪レベル 7.5(標準) 基礎代謝量 1457kcal

BMI 21.7             体年齢 48歳

全身皮下脂肪率 13.3%    体幹皮下脂肪率 11.6%

両腕皮下脂肪率 16.9%    両脚皮下脂肪率 16.6%

全身骨格筋率 31.1%     体幹骨格筋率 25.6%

両腕骨格筋率 37.3%     両脚骨格筋率 48.5%
 
アディダス 91 クロステーピングストッキングショート
アディダス 91 クロステーピングストッキングショート
価格:1,071円(税込)
 

健康と医療 ブログランキングへ
運動ダイエット ブログランキングへ フルーツメール
メッセージを送る

ジオターゲティング