So-net無料ブログ作成
検索選択

「さらさら汗」と「どろどろ汗」、ダイエット・デトックスにいいのは? [健康]

 「ジョギングをして体重減を図る」のは、エネルギー消費しての体重減と、発汗による体内水分減とがあると、おぼろげながら考えてきたが、ほんとはどうなのか、ここで、その「発汗」について、少し調べてみた。

 汗には2種類のタイプがあるとされていて、汗の出る場所、すなわち汗腺が違うこと、すなわち汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺があり、このふたつの腺から出る汗について違いがあるとのこと。
http://基礎代謝を上げよう.com/sweat/

 エクリン腺から出る汗は、サラサラしていて99%が水であり酸性、水分以外は殆どが塩分になり、一部カリウムも含まれている。人間の全身の表面にあり汗をかく場合は殆どがこのエクリン腺から出るといわれている。アポクリン腺と比べ成分が薄く粒が細かいことから嫌な汗のニオイがせず、特に多く存在する部位は頭や顔、そして背中など。逆にエクリン腺がない部位は包皮の内側や唇など。
 アポクリン腺から出る汗は、ベタベタしてダラダラ流れるという特徴があり、どろどろな汗には老廃物が含まれているため、これが体臭の原因にもなる。アポクリンから出る汗は水分が70%程度でエクリン腺に比べ濃くアルカリ性になる。水分以外ではたんぱく質や脂質、アンモニアなどが含まれていて、アポクリン腺がある部位は脇の下や陰部、耳など。
 健康面で考えても、ダイエットをする場合にも、まずはこの老廃物であるどろどろ汗の排出で、デトックスすることが先決。体に溜まった余計な水分や老廃物を排出させることができると自然に体は活発な新陳代謝を行うようになる。
 同時に基礎代謝が上がるので無理のない脂肪燃焼を起こしダイエットも簡単に効果が出るが、上記からも分かるように大事なのはいっぱい汗をかくのではなく、どろどろ汗をかくこと。健康になりたいと願うのであれば、どろどろ汗を効果的にかくことが重要。
 どろどろ汗をかくとデトックス効果で代謝を上げ、いい汗を常にかける状態を作ることができ、痩せる体質になるだけでなく体の悪いものを外へ出してくれるのでもちろん健康的な体作りを内側からもしてくれ、体質の改善にも当然なるので健康に優れた効果を発揮してくれる。

 およそ、このような次第だが、数あるウェブの記事の中には、「いい汗」を「エクリン腺」から出る「さらさらの水分の多い汗」としているものが、例外的にあった。
 血液には様々な栄養素や老廃物が流れている。カリウム、ナトリウムなど体の浸透圧を正常にするためのミネラルも流れている。これらが血管からすべて流れ出てきてしまっては大変なことになるので、汗腺では血しょう(薄黄色の液体)を汲み取ってからミネラルを血管に戻す。これを「ミネラルの再吸収」といい、この機能が正常に働いていれば、水分だけのさらさらした「いい汗」が出てくる。血管から血しょうをくみ出した時に、ナトリウムなどのミネラルや老廃物を戻すことが出来ずにそのまま汗として出てしまったのが「悪い汗」だ。
http://josei-bigaku.jp/asenokakikata2523/
 「さらさらした汗」が「いい汗」というのは、聞こえはいいが、この説では、「老廃物」まで体外に出さず、元に戻してしまうので、デトックス効果という点では、説得力がない。

 どうやら、アポクリン腺からどろどろの汗をかくことが、「発汗で健康」のポイントのようだ。

nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(18) 
共通テーマ:健康

nice! 18

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 18

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
アディダス 91 クロステーピングストッキングショート
アディダス 91 クロステーピングストッキングショート
価格:1,071円(税込)
 

健康と医療 ブログランキングへ
運動ダイエット ブログランキングへ フルーツメール
メッセージを送る

ジオターゲティング